安心と安全を軽貨物で届けるハウンドジャパン株式会社

お知らせ・コラムnews / column

『企業専用便』を依頼するシーンとは

2022年06月08日

配送業務をおこなうときのサポートをしてくれるサービスが『企業専用便』です。

手間を削減できるだけでなく、自社配送によるトラブルも回避することができます。

企業専用便のサービスについてはまだ、あまり知られていませんが、この記事では、以下のポイントについて紹介します。

・企業専用便とは?
・企業専用便がおすすめな理由
・企業専用便の依頼シーン

企業における配送業務の効率化を目指すうえで今後、注目したいサービスとなっています。

本記事では、企業専用便の詳細についてまとめました。

企業専用便とは?

企業専用便は企業も配送業務を代わりに請け負い、企業の人員として配送をおこなうサービスです。

企業の専属業者として配送することも可能なので、クライアントに不安を与えることもありません。

工場や店舗からの荷物、同じルートと時間での拠点配送など企業に合わせた配送をおこなってくれます。

企業専用便がおすすめな理由

配送業務を自社でおこなわなければならない場合、安全運転講習やマナー研修、車両などさまざまな準備が必要になります。

また、荷物の仕分けや検品など配送時には、かなりの時間と労力がかかります。
企業専用便を利用すれば、そういった時間をすべて通常業務に費やせるのです。

一般的な企業であれば、配送業務は本来の業務ではありません。
企業専用便にアウトソーシングすることで労務リスクの回避や、コスト削減にもつながり、本来おこなうべき業務に集中することができるので、社員の生産性アップにもつながります。

企業専用便の依頼シーン

特に機械の部品やパーツに関しては、納期に間に合わないと作業や生産自体が遅れてしまうことにもつながります。
自社の業務が忙しいからといって遅れることは許されないのです。

建築現場などの資材についても同様です。
資材が間に合わなければ工事自体が止まってしまうので、責任問題になりかねません。

現場が複数あったりする場合は、移動や資材の調達時間を含めるとかなりの工数がかかります。

それらをすべて自社でおこなうとなると、負担も大きくなってきてしまいます。
そのため、確実に配送をおこなうためにも企業専用便への依頼が有効なのです。

企業専用便は、企業が本来の業務に専念するためにも必要なサービスであることがわかりました。

多くの企業専用便サービスが緊急の配送や、週に1回だけの配送など企業に合わせてさまざまなケースに対応してくれます。

専門サービスになるので、荷物を迅速・丁寧に配送してくれるのも企業専用便の魅力。

それぞれの利用シーンに合わせて、企業専用便の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

pagetop