安心と安全を軽貨物で届けるハウンドジャパン株式会社

お知らせ・コラムnews / column

『ハンドキャリー便』という配送サービスの新常識

2022年06月10日

軽貨物配送をおこなうときのサポートをしてくれるサービスが『ハンドキャリー便』です。

単に配送をしてくれるだけではなく、余計な費用がかからなかったりと配送業務を効率良くおこなえます。

配送サービスとしてはあまり知られていないハンドキャリー便ですが、この記事では、以下の3つのポイントについて紹介します。

・ハンドキャリー便とは?
・急ぎの配送ならハンドキャリー便
・安心、丁寧、スピーディ

独自の配送方法を採用しているので今後、注目したい配送サービスとなっています。
本記事では、ハンドキャリー便の詳細についてまとめました。

ハンドキャリー便とは?

「当日中に荷物を配送したいけれど、車だと間に合わない」

ということはないでしょうか?
そんなときに利用できる配送方法が、ハンドキャリー便です。

ハンドキャリー便は、人の手によって運ぶことができる大きさの荷物を対象としています。
新幹線や飛行機などの公共交通機関を利用して、近距離から長距離の場所までの荷物の配送に対応しています。

急ぎの配送ならハンドキャリー便

企業が配送をおこなうとき、納品の関係もあるのでほとんどの場合は急いでいることが多いと思います。

ハンドキャリー便であれば公共交通機関を利用した配送になるので、軽車両での配送のように渋滞に巻きこまれることもありません。
配送先が公共交通機関の駅から近い場合は、さらに早く配送できます。

都内から地方へ配送する場合、車だとかなりの配送時間がかかってしまいますが、公共交通機関であれば渋滞もないので数時間程度での配送が可能です。

安心・丁寧・スピーディ

発送したい荷物のなかには精密機器など、取り扱いに注意してもらいたいものなどもあると思います。

先ほどもご紹介しましたが企業で配送をおこなうときは緊急案件であることがほとんどです。

しかし、ほとんどの配送では荷物に振動や衝撃をかけたくない場合であっても難しいのが現状です。それが車両による配送となれば、さらに不安要素になります。

その点、ハンドキャリー便であれば人の手で公共交通機関によって丁寧な配送をおこなってくれます。

配送をおこなう側も渋滞等による焦りもなく、気持ちに余裕を持って配送をおこなっているのでスピーディかつ丁寧に荷物を取り扱ってくれます。

そんなハンドキャリー便だからこその安心感も、配送サービスの新たな常識となると思います。

ハンドキャリー便は、企業の配送業務の効率をアップさせてくれるサービスであることがわかりました。

公共交通機関を利用した配送のため、事故の不安も解消してくれます。

手軽に利用できるのも、ハンドキャリー便の魅力。

軽車両による通常の配送のみにこだわらず、状況に合わせて適切にハンドキャリー便を利用してみてはいかがでしょうか。

pagetop