安心と安全を軽貨物で届けるハウンドジャパン株式会社

法人のお客様business

法人向けサービス:企業専属便

ハウンドジャパン株式会社では、法人向けのサービスとして企業専属のパートナーとして配送を行う「企業専属便」を取り扱っています。

弊社には100人以上のドライバーがおり、大手軽貨物組合のネットワークで最大3,000車まで対応可能ですので、常に安定した車両・人材を確保していただけます。お客様からは「配送の効率を上げたい」、「配送に必要なコストを削減したい」、「自社内で配送を行うリスクを軽減したい」等、幅広くご要望をいただきますが、こうした声にお応えできる体制が整っていることで、お客様には安心して弊社のサービスをご利用いただいています。

自社で配送業務を行うと、ドライバーの雇用費や車両の維持費、保険代、ガソリン代などの必要経費がかかりますので、そうしたコストを抑えることが出来ますし、午前中だけ、午後の決まった時間だけといったように、柔軟な対応も可能です。

企業専属便の特長

企業専属便の特長

企業専属便とは、貴社に代わり配送に必要なドライバーや車を弊社がすべて請け負う形態のサービスです。
配送部門をアウトソーシングしていただくことで、お客様の要望の解決、コスト削減を実現します。お打ち合わせを行い、御社のニーズに合った配送サービスを提供させていただきます。

配送には、車両代、車検代、駐車場代、ガソリン代、保険代や人件費といった様々な費用が発生しますが、弊社の「企業専属便」をご利用いただくことで、そうしたコストを抑え、交通事故などのリスクからも解放いただけます。

社内教育にも力を入れていますので、御社の顔として質の高い配送サービスを提供します。

企業専属便は次のような場合にご利用ください

  • 配送エリアが拡大することとなり、増車が必要となった。
  • 新規の配送ルートを確保したいが、人員・車両の維持コストを考慮すると負担に感じてしまう。
  • 配送のコストは下げたいと思うが、サービスの質は落としたくない。
  • 自社で車両事故が発生し、配送状況に支障が出てしまった。
  • 自社車両やドライバーにかかる費用が大きい。
  • 繁忙期だけ配送をアウトソーシングでお願いしたい。
  • 発注ミスで納品が間に合わない!
  • 自社の配送ルートに上手く調整を組み込めない配送先がある。
  • イレギュラーな配送が必要になった。
  • 配送ルートを見直したい。

事例:配送業務が増加し、自社で配送部門を拡大すると維持費が膨れ上がってしまう

事例 配送業務が増加

自社に配送部門を持っているが、今以上に配送が増えると車両、ドライバーが不足してしまう。車両や人員を増加させる必要があるが、新たに車両の購入、保険費用や社員雇用にかかる費用も大きくなってしまう。

[solution]
自社で配送の設備を整えようとすると、車両の購入費、ガソリン代、保険、ドライバーへの給与など必要となる経費は決して安くありません。

現在の配送状況をお伺いし、配送設備の拡大を行うよりもアウトソーシングを行った方がコスト的にも抑えられると感じていただき、これまでの配送業務は引き続きお客様が行い、新たな配送先について企業専属便として弊社のドライバーが配送を行うこととなりました。

今まで以上に効率良く配送が行えるよう配送手順や配送ルートの提案を行い、圧迫していた社内リソースの解消も実現しました。

事例:配送を行うドライバーが退職し、人材が不足

事例 配送を行うドライバーが退職 人材不足

ドライバーが退職し、必要な配送量に対してドライバーが足りなくなってしまった。配送業務は増える予定なので、急ぎ配送を行える環境を整えなくてはならない為、アウトソーシングを検討。配送サービスの質は下げたくないので、安心して任せられる会社にお願いしたい。

[solution]
弊社では大手軽貨物組合のネットワークがあり、最大3,000車まで対応可能ですので、急ぎの配送が必要な場合にも車両、ドライバーの手配が可能です。

車両、ドライバーの数だけではなく、社員教育にも力を入れている弊社の体制に安心いただき、企業の専属便として配送業務を任せていただくこととなりました。

お問い合わせ

御社に合った配送業務をカスタマイズいたしますので、配送にかかる人件費や車両の維持費を抑えたいとお思いの方は、どうぞハウンドジャパン株式会社までご相談くださいませ。
軽貨物ならではのフットワークの軽さで、柔軟に対応させていただきます。


お電話でのお問い合わせ [受付時間] 365日8時~21時

お電話でのお問い合わせは045-594-1123まで。どうぞご連絡くださいませ。

pagetop