安心と安全を軽貨物で届けるハウンドジャパン株式会社

お知らせ・コラムnews / column

必要な時に必要な量を配送できるスポット便のメリット・デメリット

2022年06月20日

荷物の配送の場所や量は常に一定ではありません。
重要なのはお客様の要望にいかに応えるのかです。

この記事ではスポット便とはなにか、どんなときに活用すべきかを紹介します。

・スポット便とは
・スポット便の特徴
・スポット便を利用するメリット
・スポット便のデメリット
・スポット便は需要と供給に見事にマッチした配送スタイル

スポット便とは

スポット便は荷物の配送を行うための方法のひとつです。スポットという名前の通りで急な配送が必要になった荷物を配送するための便です。

定期便などとは違ってその都度配送の依頼を行うのに適しています。スポット便が始まった頃はあまり活用される機会がありませんでしたが、最近ではスポット便を利用する企業が増えてきたため、需要が高まっている配送方法です。

スポット便の特徴

スポット便は急な荷物の配送に適していて、主に荷物の量が増えたため、依頼していたトラックに入りきらない場合などに利用できます。他には急な配送の依頼があった場合に活用します。

定期便の場合だと一定量の荷物を一定の間隔で依頼しなければなりませんが、スポット便は臨時の荷物の依頼に適しています。さらに荷物の受取や配達の日時を指定できるのもスポット便の特徴です。

スポット便を利用するメリット

ここではスポット便を利用するメリットについてご紹介していきます。

荷物の破損や汚損リスクが少ない

スポット便は依頼された荷物のみを配送する方法なので、他の荷物と混載する可能性はありません。

なので混載によって荷物が破損や汚損する心配がないのがメリットです。

経費を節約できる

定期便を活用するほどの荷物の量を確保できない場合でも、契約している以上は料金が発生します。この経費を削減できるのがスポット便のメリットです。

スポット便は荷物が入ったらその都度依頼するので、トラックを抑えておく必要がないからです。

荷物の受取・配達の時間指定ができる

スポット便の最大のメリットは時間や日にちの指定ができる点です。

指定は荷物を受け取りに行く時間の指定だけではなく、荷物を届ける日時の指定まで可能です。

スポット便のデメリット

スポット便は非常に便利な配送方法ですが、デメリットもあります。ここではスポット便のデメリットをご紹介します。

荷物の量で運賃が変わる

スポット便の特徴として、荷物の量によって料金が変わる点です。荷物の量が多ければその分安くなりますが、荷物の量が少なければその分料金が高くなります。

さらに常温の荷物、冷蔵の荷物、そして冷凍の荷物を同じトラックで運べないので、やはり料金が高くなる傾向にあります。

利用者が多く業者を探すのが大変

スポット便の需要は年々高まっているため、スポット便の利用者が重なるケースも多く、スポット便を受けてくれる業者を探すのに苦労するのもデメリットです。

この問題を解決するためには、スポット便を専門に扱っている運送会社を探す必要があります。おすすめは運送会社の検索サイトです。

スポット便は需要と供給に見事にマッチした配送スタイル

ここ数年の間に在宅ワークやテレワークといった、新しい仕事のやり方への変化によって、ネットショップの利用者が増えてきました。スポット便はそんな時代の流れにマッチした配送方法です。

上手に活用すれば配送にかかるコストを削減できるのも大きな魅力です。

この記事では、スポット便とは何かについて、そしてスポット便の特徴とメリットとデメリットについてご紹介しました。

この記事がスポット便について知りたい方のお役に立てれば幸いです。

pagetop